ハーブLab

【リーキーガット症候群】その原因と対処法


f:id:herblab20181216:20190221145252j:image

細胞と細胞の間の隙間が開いてしまう病気をリーキーガット症候群といいます


f:id:herblab20181216:20190226223750j:image

あまり聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?

しかし,日本人の5人に1人はリーキーガット症候群ではないかといわれています。

 

この記事のポイント

リーキーガット症候群についての理解

腸内環境と対応策

 

今回,

特に腸におこるリーキーガット症候群に注目しながら,脳でも起こるかもしれないケースにもふれていきたいと思います。

 

 

では,この曲を聴きながら記事をお楽しみ下さい。 

Get Wild

Get Wild

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

目次

・リーキーガット症候群とは

・原因

・対策

 

リーキーガット症候群とは

f:id:herblab20181216:20190221145315j:image

このリーキーガット症候群は、細胞と細胞に隙間ができ孔があく状態になる病気をさします。

 

症状としては

アレルギーの他にも,腸にカンジダといわれるカビが感染し消化管カンジダという病気になり,

下痢などだけではなく

パニック障害

うつ病

・腸内の不調

・免疫力低下

・原因不明の不調

 

などが挙げられます。

 

免疫の病気になったり,腸は栄養素の吸収に関係してるので栄養の偏りによるパニック障害うつ病などにつながっている可能性があるかもしれないようです。

 

脳にある血液脳関門の細胞と細胞に隙間ができることにより,「ブレインフォグ」と呼ばれる症状がでる方もみえるそうです。

 

こういった原因不明の病気の根源はこのリーキーガット症候群にあるのではないかとも言われ始めているくらいです

 

 

原因

f:id:herblab20181216:20190221145359j:image

リーキーガット症候群になると小麦粉のグルテンや牛乳のカゼインに敏感に反応するようになるそうです。

 

これはリーキーガット症候群がグルテンカゼインなどによる炎症で起こるからといわれています。

 

食事,おやつ,運動不足,ストレス,生活環境など腸の環境が悪くなる原因からカラダの不調をおこしてるかもしれないんです。

 

特に

・小麦粉(グルテン)

・牛乳(カゼイン)

・カフェイン

・アルコール

・砂糖

 

以上のものはリーキーガット症候群の主な原因といわれています。

 

対策

現在,「リーキーガット症候群」に対する明確な対処方法の主役はきちんとしたサプリメントになります。

 

カンジダサポート 180粒 NOW Foods(ナウフーズ)《90日分》腸内環境サプリ/善玉菌サポート/

 

すぐに出来る対策としては

・小麦粉を制限

・牛乳を減らす

・カフェインを減らす

・アルコールを控える

糖質制限

 

これらを制限するないしは,摂取量を減らすことから始める方法もありますが

 

根底から変えないと慢性炎症からくるカラダの不調はなくならないのです

 

カンジダサポート 180粒 NOW Foods(ナウフーズ)《90日分》腸内環境サプリ/善玉菌サポート/

 

根本的な原因は食事の他に「カンジダ真菌」の感染が疑われています

 

そのためには,原因となる食事を軽減する他にスーパーにあるサプリメントなんかじゃなく、ホントにカンジダ真菌を除去できるいいサプリメントが必要です

 

これがカンジダ真菌を除去するサプリメントです。

 

 

リーキーガット症候群ではないかと思われた方は,

代表的な原因である小麦粉や牛乳などを控えながらサプリメントによる除去により症状が和らぐかもしれません。

 

 

ハーブLab@ちゃい

 

おすすめ関連記事

herblab20181216.hatenablog.com

   

 

もっと健康力をアップさせたい方はこちらの特別号へ

ハーブLab特別号

note.mu

 

#リーキーガット症候群 #パニック障害 #うつ病 #小麦粉 #グルテン #牛乳 #カゼイン #腸内 #腸 #カンジダ #疲労