お天気女子の気象シリーズ | 気候と【自律神経】の関係性


f:id:herblab20181216:20190203160244j:image

お天気が悪いと頭痛がする,ふらふらする,憂鬱な気分になる。お天気ってカラダにいろいろと影響します

 

その原因はいろいろあるようですが,自律神経にポイントがあるみたい。

今回は気候と自律神経の関係についてみていきたいと思います。

f:id:herblab20181216:20190203165805j:image

ポイントは「温活」です

特に,頚を暖めることが重要で,自律神経と頚は深い関係があるようです。

頚は6kgもある頭を支えているので常に疲労しています。

頚の形が変形したりするストレートネックなどになったり,頚周りの筋肉の緊張が高いと神経や血管が圧迫されたりします。

 

【ハーブLabオリジナルLINEスタンプもみてね♪】


f:id:herblab20181216:20190218094443j:image

第1段
https://line.me/S/sticker/6719197/ja
第2段( 文字入りです )

https://line.me/S/sticker/6739288/ja

 

では,こちらの曲を聴きながらブログをお楽しみください 

Get Wild

Get Wild

  • provided courtesy of iTunes

 

 

目次

・気象病とは

・自律神経とは

・気象と自律神経の関係

・自律神経を整える

・まとめ

 

気象病とは
f:id:herblab20181216:20190203170503j:image

気象病とは,お天気が悪く雨だったり気圧の変化に敏感で頭痛などを引き起こす病気のようです。

 

頭痛だけでなく,

古傷が痛むような「痛み系」

めまいやふらつきのような「ふらふら系」

憂うつな気分になる「メンタル系」などに分類できると思います

 

自律神経とは

f:id:herblab20181216:20190203170532j:image

 

ナビゲーションに移動検索に移動自律神経系(じりつしんけいけい、

自律神経は、末梢神経系のうち植物性機能を担う神経系であり、動物性機能を担う体性神経系に対比される。自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という2つの系からなる。

交感神経系副交感神経系の2つの神経系で構成されている。

 (出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』)

 

 

気象と自律神経の関係性

f:id:herblab20181216:20190204003214j:image

 ここで,

「気象病のチェック」をしてみてください

・自分の不調で天気がわかる

・雨で頭が痛くなる

・雨や低気圧で古傷が痛む

・雨や低気圧でふらふらやめまいがする

・イライラする

・ストレスがある

・便秘ぎみだ

・日常生活が不規則だ

・夜更かしをよくする

いくつ当てはまりました?

チェックリストをつくってみました❗

0~3個で予備軍

4~6個で注意報

7個以上で警報

今後,「気象病シリーズ」の記事ではまず,このチェックリストを使ってみて下さい🌿

 

Twitterのアンケートでは「憂うつになる」が一番多く,気象と「メンタル系」の関係もあるようです
f:id:herblab20181216:20190205083137j:image


ところで,こちらのTwitterのアンケートでは,

「気象情報は病気に役に立つ」が86%を占めるほどみなさんが気象と病気の関係に注目しています。
f:id:herblab20181216:20190204225658j:image

 

では,本題ですが お天気と自律神経の関係は

ズバリ「ホメオスタシス」にあります。「ホメオスタシス」ってなに? 知ってる、などいろんな方がいらっしゃるかもしれませんが,

 

ホメオスタシス」とは,人間が血液や胃腸,ホルモンなどの働きを調節してるバランス機能のようなものです

 

低気圧に敏感な人は気圧変化により自律神経を並行に保とうとします。例えば,低気圧だと副交感神経が働きやすくなります。あまりに副交感神経が強いと心臓の働きや胃腸の働きなどが強すぎたり弱かったりするので,

 

カラダは「ホメオスタシス」によって無理にでもバランスを取ろうとします

 

しかし,自律神経が乱れている人にとって気圧で自律神経が乱れている状態から,さらにホメオスタシスでバランスを取ろうとしてもカラダが追い付いていきません

 

低気圧に敏感な人は季節の変わり目の温度変化に弱いんです。

夏は20℃くらいが快適ですが,

冬は10℃くらいでさす。

 

季節ごとの気圧変化や温度変化に自律神経が対応するのはなかなか大変です。

 

ちなみに低気圧は1年に100個ほど発生しています❗

 

低気圧に備えるには,

「気圧計」が便利です。もともとは天気情報を知りたい登山家の人たちが使うものですが,

 

これは気圧の他にも温度,湿度も測れて便利ですし,

いま自分がいる場所の気圧がわかるのは安心してカラダの不調に対応するためにもっておくべきアイテムです

 

◼️気圧を知るには便利なアイテム❗

購入はこちらからが便利です

f:id:herblab20181216:20190210232931j:image

 

 

そして自律神経を整える必要がでてきます

 

自律神経を整える

f:id:herblab20181216:20190203170701j:image

 

自律神経を整える方法としては,

 

・頚筋を暖める

頚筋を暖めるには理由があります。自律神経が乱れている方は頚筋コリがひどい状態の人が多いです。カチカチです❗

 

この状態では,神経や血管が圧迫されて血流や神経の通りも悪くなってしまうかもしれません

herblab20181216.hatenablog.com

 

 

定番かもしれませんが,あずきの暖めは温度の持続力が比較的ながいのでおすすめです

 

・お風呂はシャワーだけにせず湯船につかる

最近では,お風呂はシャワーだけで済ます人も増えていますが,湯船で頚や肩までつかることで血流改善やリラックスになるかもしれません

f:id:herblab20181216:20190210233230j:image

特に「エプソムソルト」はミルラルが多く深部体温が高くなりとてもカラダが温まります

 

 

herblab20181216.hatenablog.com

 

 

◼️特別なお塩なので早く購入したい人はこちらからが便利です

f:id:herblab20181216:20190210232931j:image

 

 ・軽いウォーキングをする

軽いウォーキングは太陽の光でビタミンDもつくられ免疫力もアップするそうです。リラックスしてマイペースで歩くと気分転換にもなります

( 🔽参考文献🔽 )

 

 

 ・ストレッチをする

全身をストレッチすることで自律神経が整い,血流もアップします

( 🔽参考文献🔽  )

 

・ヨガを取り入れてみる

( 🔽参考文献🔽 )

 

まとめ

雨や低気圧などお天気によって体調に不調がでるのはまず自律神経を整えることが大切かもしれません。

天気予報を意識してカラダの不調に備えたり,自律神経を整える方法を実戦してみて下さい

 

ほっこりポイント

お天気の不調には自律神経を整える

 

 

 

ハーブLab🌿ちゃい

 

🌿ハーブLabのいろいろ🌿

🔽ハーブLab特別号🔽 

note.mu

 

 

🔽あわせて読みたい 🔽herblab20181216.hatenablog.com

 

#気象 #気候 #自律神経 #うつ病 #パニック障害 #疲労 #貧血 #ストレス #温活 #気圧計